ウィーンのおすすめ観光スポット・カフェ・ホステルまとめ【元祖ザッハトルテ】




ウィーンといえばオペラや豪華な宮殿など、美しいヨーロッパの都市といったイメージがあるかと思います。

実際街並みが非常に美しく、歩いているだけでも楽しい気分になります。

また、ウィーンはあのザッハトルテ発祥の地と言われているカフェもあります。

この記事ではそんなウィーンについてまとめています。

参考:2017年11月訪問




ウィーンのおすすめ観光スポット

さっそくウィーンのおすすめ観光スポットをまとめていきます。

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿 シェーンブルン宮殿

世界遺産に登録されているシェーンブルン宮殿。

ハプスブルク家の夏の離宮として建てられたこの宮殿は、完成後にマリア・テレジアによって拡大されます。

外観の黄色はマリア・テレジア・イエローと言われているそうです。

マリア・テレジア、少女期のマリー・アントワネットもここに住んでおり、ウィーン会議が開かれたのもこの場所です。

特筆すべきはその広さで、なんと1400もの部屋があります。

内部の見学はフランツ・ヨーゼフ1世とエリザベートの部屋など22室が見られるインペリアルツアー(所要約35分)とマリア・テレジアにまつわる部屋など40室をまわるグランドツアー(所要約50分)があります。

また、庭園も超広大です。

私が行ったときは残念ながらくもりだったのですが、晴れていたら壮観だったのではないかと思います。

営業時間:8:30-17:30(4月-6月、9月、10月)、8:30-18:30(7月-8月)、8:30-17:00(11月-3月)
定休日:無休
料金:インペリアルツアー 一般€13.30 学生€12.30/グランドツアー一般€16.40 学生€15
アクセス:地下鉄U4 Schonbrunn下車
公式サイト:Schonbrunn

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂のライトアップ シュテファン大聖堂 シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂は12世紀からに建てられたゴシック様式の大聖堂です。

一番高い塔はなんと136.7m。

これが12世紀に建てられたってすごいですよね。

南北にある塔にはのぼることができます。

地下にはカタコンベ(地下墓地)があり、ペストで亡くなった人々の骨と歴代皇帝の内臓を収めたツボが保存されているようです。

中は照明があまりなく、予想より暗かったです。

しかしその分ろうそくの火が映えていて、とても幻想的でした。

ろうそくに火をあげに来ている子供が可愛かったなあとの思い出があります。

夜はライトアップが非常に美しい教会です。

営業時間:6:00-22:00(日曜祝日は7:00-22:00)
定休日:無休
料金:入場のみなら無料 身廊中央部€4.50 カタコンベ€5.50 北塔エレベーター€5.50 南塔階段€4.50 宝物室€5.50
アクセス:地下鉄U1 Stephansplatz下車
公式サイト:Stephansdom

ホテルザッハー

ホテルザッハー ホテルザッハーのザッハトルテ

ホテルザッハ―はザッハトルテの発祥の地と言われるところです。

でも実はどこがザッハトルテの発祥の地か、という議論は諸説あるそうです笑

ここのザッハトルテは思ったより甘かったです。

おいしかったですが、日本のザッハトルテの方が日本人の口には合うかもしれません笑

しかし日本人を3組くらい見かけました。やはりそれだけ日本人に注目されているということなのでしょう。

ちなみにザッハトルテの値段は€6.50です。

営業時間:6:00-翌1:00
定休日:無休
公式サイト:Sacher

ウィーンで行きたかったところ

ウィーン国立歌劇場

ウィーン国立歌劇場

ヨーロッパ三大オペラ劇場の一つ。観劇はせずとも、内部の見学ツアーもあります。

行きたかったのですが、今回は半日しかいれなかったため、断念しました。

またいつの日か期待と思います。

営業時間:不定期 HP参照
料金:ガイドツアー 一般€7.50 学生€3.50
公式サイト:Staatsoper

モーツァルト・ハウス

ガイドがわりと詳しいらしく、そこまでモーツァルトの予備知識がなくても楽しめるようです。

モーツァルトの人生には興味があるので行ってみたかったですね。

営業時間:10:00-19:00
定休日:無休
料金:一般€11 学生€9

ベルヴェデーレ宮殿

バロック式の宮殿です。クリムトの「接吻」が展示されているらしいです。

シェーンブルン宮殿とはまた違った感じで面白そうです。

営業時間:10:00-18:00
定休日:無休
料金:上宮 一般€14 学生€11.50/下宮 一般€12 学生€9
公式サイト:Belevedere

宿泊

今回私が泊まったホステルはZum Goldenen Kegel Hostelというところです。

大きい通りから一本入ったところなので、夜はやや暗かったですが、中は清潔でスタッフの方々の感じも良かったです。

英語もとても上手でした。

マップ

今回出てきた場所の位置関係です。実際に行ったところが青、行ってないけど行きたかったところがオレンジです。

ウィーンおすすめ観光スポット・カフェ・ホテルまとめ

イメージ通り、華やかでお洒落な街でした。

でもやはり音楽が好きだともっと楽しいだろうなと思ったので、次は音楽の素養を身につけてまた来ようと思います笑