ウィーンからプラハにバスで行く方法【バス会社・所要時間・料金・バス停】

RegioJet




ウィーンとプラハは地理的に近く、4時間ほどで行けてしまうため、時間があるならばセットで観光するのがおすすめです。

ヨーロッパのバスは日本より座席が広いため乗り心地がよく、長時間座っていてもあまり疲れません。

今回はウィーンからプラハにバスで行く方法を説明します。




利用したバス会社

私がウィーンからプラハに行ったときはRegioJetというバス会社を利用しました。

このバス会社は値段のわりには非常にクオリティが高く、飛行機のように座席にモニターがついていたり、スマホの充電ポートがあったり、フリードリンクがあったりします。

チェコ国内の場合車内でWi-Fiも利用可能です。

しかもこのWi-Fi、ほかのバスとちがって時間制限もないし、なによりサクサクです。

ヨーロッパのバス会社の中ではトップクラスにいい会社だと思っています。

ヨーロッパのバス会社についてはこちら:ヨーロッパの長距離バス会社の比較と評価評判をまとめてみた

所要時間と料金

  • 所要時間:約4時間
  • 料金:€11.90

ウィーンからプラハまではバスで約4時間かかりました。

このバスにはまるで飛行機かのようにモニターがついていたので、映画を観て移動時間は過ごしていました。

当然日本語に対応しているはずはなく、英語の音声でチェコ語の字幕なので、リスニングの勉強になります。

料金は15日前に予約して€11.90でした。

予約のタイミングによって料金には若干の違いが出ると思いますが、だいたい€10〜15でしょう。

バス停の場所

ウィーンとプラハのバス停の場所を紹介します。

ウィーンのバス停:Wien Stadion Center

ウィーンのバス停は下の地図の場所にあります。

このバス停の難点は場所がわかりにくいことです。

一応Busという看板はあるのでその指示通りに行けば大丈夫ですが、わからなくなったら周りの人に聞くのが一番早いと思います。

バスターミナルというよりかはすこし大きめのバス停のような雰囲気です。

プラハのバス停:Praha Florenc

プラハのバス停は下の地図の場所にあります。

こちらはわりと大きめのバスターミナルで、多くのバス会社がここで発着します。

設備も充実しており、荷物預かりなどもあります。

私はプラハから次の街もこのバスターミナルからバスで向かったため、プラハ観光の最終日はここで荷物をあずけてから観光しました。

公式サイト:http://www.florenc.cz/index.php?lan=en