今年の夏は北海道へ。絶景とグルメの聖地を楽しもう




6月も半ばに差し掛かり、梅雨の季節になりました。同時にそろそろ夏休みの計画を立て始める方も増えてきたのではないでしょうか。

今回は夏の国内旅行で最高におすすめの北海道について書いていきます。

素晴らしい絶景と美味しすぎる食べ物で溢れる北海道について、また行きたいとの思いとともに書いていきます。

(参考:訪問日時2017.7.29-31)




札幌

大通公園

およそ1.5kmの横長の公園です。ここから見えるのはさっぽろテレビ塔と噴水。

この公園を歩くだけでも楽しいです。夏だったのでビアガーデンもやっていました。冬は雪まつりの会場になります。

さっぽろ羊ケ丘展望台(クラーク博士像)

かの超有名な「少年よ、大志を抱け」の像。この台座には実はポストのようなものがあって、専用の「大志の誓い」という紙に夢を書いて投函すると誓いが保存されるそうです。後日知りました。ぜひとも書きたかった…。

後ろに見えるのは札幌市の街並みです。あとこの写真には写っていませんが、羊もいました笑

ちなみにここで食べた白い恋人ソフトクリーム、めっちゃ美味しかったです。白い恋人って今でこそ空港などに行けば全国で購入できますが、ソフトクリームはなかなかないですしね。

すすきの

ここには飲食店がひしめいています。あとイメージより明るかったですね。ではすすきのでおすすめの飲食店をいくつか。

海味 はちきょう

北海道に来たら絶対食べたいと思っていたつっこ飯。いくらを限界まで載せた丼。

結論めちゃめちゃおいしいです。いくらが嫌いな人以外のすべての人類におすすめしたい。

本店の方は予約マストです。ということを知らなかった私たちは予約をしていませんでした。入店できず絶望しかけたところ、店員さんが別亭なら空いてるよーと教えてくれて、無事入ることができました。優しかったです。

はちきょうではつっこ飯以外にも海鮮のパラダイス。刺身も揚げ物も泣くほど美味しかった…。

すみれ

札幌といえば味噌ラーメンを食べずには帰れません。まさかのはちきょうで海鮮を食べまくった後に〆のラーメンを食べましたが、ハーフサイズもあったので余裕でした。これもまた超美味しい。

小樽

小樽運河

札幌から電車で1時間せずに小樽に着きます。小樽運河はやはり必見でしょうね。昼も夜も両方見てほしいところ。おすすめは日が暮れる前の夕方に行き、そこから夜まで待機すること。

石造りの倉庫が水面に反射してとても綺麗です。夜になるとライトアップされてまた一段と美しい。

美瑛

四季彩の丘

札幌から車を走らせること3時間。美瑛に到着します。

ここも見どころはたくさんありますね。一日しかなかったのでまわりきることができなかったのですが、ここ四季彩(しきさい)の丘は素晴らしかったですね。

何よりすごいのは、こんな広くて美しいお花畑を個人で管理しているということ。しかもなんと一般は入園無料で、任意による寄付金だけです。信じられません。

さすがに素晴らしすぎて寄付して帰りました笑

青い池

Macの壁紙に採用されたことにより一躍有名になった青い池。本当に真っ青でした。こんなに綺麗な青だとは思っていませんでした。人気が出るのも頷けます。

しかし駐車スペースに限りがあるので、渋滞は覚悟してください。

また、水は濁ってしまっている可能性があるので、可能なら雨の日の翌日は避けた方がよいかもしれません。

しらひげの滝

この滝は青い池から5分ほどのところにあります。こちらもやはり青い。青い池とともに楽しむのがおすすめです。

富良野

ファーム富田

ラベンダーで有名なファーム富田です。ここは7月末だとこの年はちょっと遅かったですね。他の花もとても綺麗だったので満足でしたが。

今度は満開のラベンダー畑に行きたいものです。

とみたメロンハウス

北海道といえばメロンも有名ですよね。ここはファーム富田のすぐ近くにあるメロン系のお店がたくさん集まっている場所です。メロンが食べたくなったら是非。

トマム

雲海テラス(星野リゾートトマム)

雲海で有名になったトマム。ですが、私は見れず。この日は上も下も完全に雲に覆われてしまい、「雲海テラス」ではなく「雲中テラス」に。

朝4時前に起きたのに残念です。リベンジを誓い退散。

ちなみに雲海を見るためにはこのくらい早起きしなければならないので、朝が苦手な人は覚悟が必要です笑

スープカレー GARAKU

あとはまた食べ物なのですがスープカレーが美味しかったですね。星野リゾート内にあったお店ですが、札幌に本店があります。野菜類がたくさん入っていて贅沢でした。

マップ

北海道はエリアをまたいで移動したいなら車はマストです。電車だとかなり余計な時間を取られてしまうと思います。

まとめ

以上で紹介できたのは北海道の魅力のほんの一部です。本当は一週間くらい滞在して、思う存分北海道を満喫するのが良いと思います。

それにしても夏の北海道、良すぎたのでまた行きたいです。本当におすすめです。ぜひとも行ってみてください。