LCCを使って安く国内旅行をしよう。実体験に基づいたLCC国内線の評価まとめ




移動手段として、だいぶ一般的になってきたLCC。しかし逆にその安さゆえにまだ抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

今回は私が利用したことがあるLCCを、普通の大手航空会社と比べて何が違うのかといったことを含めて評価していきたいと思います。




LCCとは何か

LCCはLow Cost Careerの略で、極限まで効率化することで運賃を下げている航空会社のことです。

そのため機内サービスが簡素化されていたり、受託手荷物や座席指定が有料になったりします。

したがって飛行機を単なる移動手段としてのみ捉えている人が使うべきでしょう。

LCCに乗った方がいい人・乗らない方がいい人

LCCと大手キャリアのちがいから、LCCに乗った方がいい人、乗らない方がいい人を比較してみました。

LCCに乗った方がいい人

  • とにかく安く済ませたい人

間違いなく旅費を抑えたい人が一番の対象でしょう。一般の航空会社よりは安くなるのはもちろん、新幹線より安く済むことがほとんどです。

値段が安いからといって安全面で劣るということもないので、余計なサービスはいらないからとにかく安くしてくれ、といった方には最適です。

LCCに乗らない方がいい人

  • 航空会社のブランドにこだわる人

どうしても格安航空に対する抵抗感が抜けない人はストレスになるのでやめた方がいいでしょう。

  • 機内サービスが絶対欲しい人

LCCは料金を抑えている分機内食やドリンクなどのサービスはほとんどありません。座席にスクリーンもほぼありませんし、座席はややかためです。

ただの移動手段と割り切って乗るものなので、超快適な機内を求める人には向かないでしょう。

  • 時間指定がある人

早朝の便なども多いため、時間帯によっては前泊や空港オールなどが必要になってくるかもしれません。

  • 狭い場所が苦手な人

通路が一本しかなく、かつ座席の間隔が狭いので、狭い場所がかなり苦手な人はちょっときついかもしれません。

LCC国内線各社の比較

実際に私が乗ったことがあるLCC国内線各社の比較をしていきます。

ジェットスター

国内線を運航しているLCCの中では発着している空港が多いです。

特に四国や九州の便が充実しており、そちらの方に行くときに重宝します。

座席ポケットがない(ある機種もある)ことが唯一の欠陥でしょうか。机が出せない発着時のペットボトルなどの置き場に困ります。

しかし時間厳守ですし、顧客対応も良く、安心感がある会社です。

ジェットスター公式

ピーチ

国内初のLCCです。セールが多いイメージ。

関西空港を拠点としているので、関西発着に強いです。

国際線も充実しており、韓国、台湾、香港など、近場のアジア圏に行く際に便利です。

ピーチ公式

バニラエア

北海道を拠点としている会社です。新千歳だけでなく、函館にも行ける唯一のLCC。

雰囲気面ではこの記事で紹介する航空会社の中では一番良かったかもしれません。

色合いがさわやかで機内や制服に明るいイメージがあったことと、シートが他の会社のものより少し良かった記憶。

バニラエア公式

スプリングジャパン(春秋航空日本)

中国拠点のLCC、春秋航空が運航しています。

中国の大手航空会社の接客などの品質には疑問が残りますが、こちらはむしろ大手より良いです笑

私が初めて乗ったLCCがこのスプリングジャパンでしたが、安心して快適に乗ることができました。

スプリングジャパン公式

LCCまとめ

今回は自分が乗ったことがある4社しか紹介できませんでしたが、国内線を運航しているLCCは9社あります。

細かい特徴こそ違うかもしれませんが、基本的にLCCだからといって超悪質ってことはまずないと思います。

これを機にLCCに対する抵抗がなくなってくれたら嬉しいです。