トランジットだけでクアラルンプールを観光してみた【11時間でピンクモスクと空港をエンジョイ】

クアラルンプールのピンクモスク




東南アジアでLCC(特にエアアジア)を使用するとき、マレーシアのクアラルンプールがトランジットとなることはよくあります。そのトランジット時間が長いとき、何をすればよいのか悩みませんか?

今回はトランジットの11時間だけでクアラルンプールを観光したときの話を書いていきます。

※2018年11月時点の情報です

マレーシア含めた東南アジア+インド旅の記事はこちら:カンボジア・マレーシア・インド周遊旅行の費用、ルート、持ち物まとめ




トランジットだけでクアラルンプール観光のおすすめスポット

今回は11時間という短時間でも観光ができる、クアラルンプールのおすすめの場所を紹介していきます。

ピンクモスク

クアラルンプールのピンクモスク

ピンクモスクはブルーモスクとならんでクアラルンプールで有名な観光できるモスクです。

内装がピンクで統一されているため、ピンクモスクとよばれていますが、正式にはプトラモスク(Masjid Putra)という名前です。

ピンクモスクの内装

ピンクモスクの場所

ピンクモスクはクアラルンプール空港から電車とバスで1時間半~2時間の場所にあります。

空港からピンクモスクへのアクセス

ピンクモスクの外観

空港からピンクモスクへは、電車とバスを乗り継いで行くことができます。

まずKLIA transitという電車に乗ってKLIA(Kuala Lumpur International Airport)駅、もしくはKLIA2駅からPutrajaya&Cyberjaya駅まで行きます。

片道運賃は9.4リンギットです。

その後プトラジャヤ駅に到着し、改札を出たら標識にしたがってバス乗り場まで行き、L15番のバスをさがします。おそらく階段下りたすぐの場所にあると思います。

ピンクモスクへ行くバス

バスに乗る前に、下の写真のような乗車券を窓口で購入しなければなりません。窓口の場所はバス停に行けばわかると思いますが、わからなかったらバスの運転手に聞けば大丈夫です。

ピンクモスク行きのバスの乗車券

バスによって運賃が若干ちがうという話もありますが、私が乗車したときはたしか3リンギットくらいでした。所要時間は40分くらいです。

ピンクモスクの見学時間

ピンクモスクが観光客に開放している時間は指定されています。事前にチェックしてから行きましょう。

  • 土曜日-木曜日:9:00-12:30・14:00-16:00・17:30-18:00
  • 金曜日:15:00-16:00・17:30-18:00

首相官邸

マレーシア首相官邸

首相官邸は上で紹介したピンクモスクのすぐとなりにあります。

ピンクモスクに寄ったついでに外から見てみるのがよいかと思います。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港の中の貢茶

クアラルンプール国際空港は非常に広く、さまざまなお店が入っています。

日本では行列する貢茶もまったく並ばずに買えたり、日本には進出していないフローズンヨーグルトのllaollaoなど、世界で人気のショップがそろっています。

クアラルンプール国際空港の中にあるllaollao llaollaoのフローズンヨーグルト

お土産を買うのにおすすめなJaya GROCERというスーパーもあります。

クアラルンプール国際空港のスーパーJaya GROCER

トランジットだけでクアラルンプール観光のおすすめスポットまとめ

ピンクモスクの月と星

以上がトランジットの時間だけで楽しめるクアラルンプールの観光スポットです。

有効にトランジットの待ち時間をつかって観光も楽しんでしまいましょう!