バンコクからシェムリアップへバスで行く方法【チケットの予約方法・ビザ取得・注意事項】

バンコクからシェムリアップへのバス




東南アジアにいるならば、アンコール・ワットがあるカンボジアのシェムリアップに行ってみたいと思う人は多いでしょう。

今回は東南アジアの拠点となるバンコクから安くシェムリアップに行きたい人に向けた、バスを使った行き方を書いていきたいと思います。

ちなみにバンコクからシェムリアップに移動する方法としてはほかに飛行機や電車などもありますが、今回は直通バスに限ってお話します。

関連記事:アンコール・ワットの観光についてはこちら→アンコール・ワット周辺を全力で楽しもう。アンコール遺跡群のおすすめのまわり方、料金と注意点




バンコクからシェムリアップへバスで行く方法

おすすめのバス会社とチケットの予約方法

バンコクからシェムリアップへのバス

予約方法としては

  • バスターミナルで直接購入
  • オンラインで事前に購入

の2通りがありますが、時期によっては売り切れてしまうと聞き、私は事前にオンラインのTHAI TICKET MAJORというサイト経由で購入しました。チケット代金は750バーツ+手数料20バーツ+23バーツの793バーツ(約2750円)です。

会員登録が必要であり、言語はタイ語と英語しかありませんが、基本的にわかりやすいのでそこまで難しくはありません。

会員登録をして、以下の画面の中でシェムリアップ行きを選択し、必要事項を記入すれば大丈夫です。

バンコクからシェムリアップへのバス画面

チケットを購入するとチケットのPDFが添付されたメールが送られてきて、それを印刷して持っていけば大丈夫です。

私はバンコクに深夜の2時に到着し、その日の朝8時にバンコク出発だったのですが、他の方のブログを見ているとバスターミナルではない別の場所にあるチケットカウンター(オープン10時くらい)にチケットを受け取りにいかなければならないと書いてあり焦りました。

しかしメールに添付されたチケットあるし、明らかにこれでのれるとうな体裁してるよなあ…と思っていたら何の問題もなく乗れました。よかったです。チケットオフィスには行かなくて大丈夫です。

あとあとよく見てみると、メール本文のConfirmation and Conditionsのところに

1.1 If you receive E-mail E-ticket, you can print out the E-ticket and use for boarding the bus.

と書いてありました笑

全体のルート

バンコクのモーチットバスターミナル(北バスターミナル)からポイペト国境を通り、シェムリアップのNattakan Bus Stationというバス停に到着します。

おおよそ8時間の移動とアナウンスされていますが、私のときは9時間ほどかかりました。

バス停の場所とアクセス

バンコク(モーチットバスターミナル)

バンコクのモーチットバスターミナル

バスはモーチットバスターミナル(北バスターミナル)から出ています。

モーチットバスターミナルへのアクセスはBTSのMo Chit駅からバスがよいでしょう。3番乗り場から出ている3番か77番のバス、もしくは5番乗り場から出ている96、104、134、136、138、145、182、517、529番バスで行けます(2018年11月)。

バス停の場所がわからなかったらモーチット駅の駅員さんにきけば教えてくれます。

モーチット駅からモーチットバスターミナルへのバス路線図

シェムリアップ

シェムリアップではNattakan Bus Stationに到着します。

ここで降りるとトゥクトゥクドライバーが待っており、無料でシェムリアップ中心部にあった私たちの宿まで送迎してくれました。

その代わりアンコール・ワットの周遊をしないかとの営業はかけられます。しかしふっかけてくるどころか非常に良心的な適正価格で交渉してくれました。

ホステルについたあとにホステルが出しているチャーターの値段を確認したら、そこでとるよりも安く済んだことがわかり、おどろきました。

ホステルのトゥクトゥクチャーター料金表

この看板のSmall Tourというのがおそらく私たちがまわったコースと同じなのですが、私たちが2人で18ドルだったのに対し、ホステルでは1人15ドルでした。

ちなみに地球の歩き方によると相場は1人あたり8ドルらしいです笑

カンボジアビザの取り方

ポイペト国境の位置情報

このバスではポイペト国境を通ります。したがってアライバル、eビザともに対応可能です。

アライバルビザ

アライバルでとることもできますが、どうやらポイペトでは「高額請求された」といったトラブルが多いらしいです。

そのため事前にバンコクのカンボジア大使館で取得するか、eビザを取得することがおすすめです。

eビザ

eビザで入国できる国境はシェムリアップ空港、プノンペン空港の空路2か所とコッコン、ポイペト、バベットの陸路3か所となっていますが、このバスではポイペトから入国するので大丈夫です。

私は事前に日本でeビザを取ってから行きました。事前にとっておけばアライバルビザをとるときに必要な写真なども不要なので楽でした。

eビザ公式サイト:https://www.evisa.gov.kh/

バンコクのカンボジア大使館で取得

バンコクでビザをとることも可能です。くわしくは以下のブログがわかりやすく説明してくれています。

https://runbkk.net/bangkok-cambodia-visa/

タイとカンボジアの国境越え

タイ側から国境に着いたら、バスを降ろされます。その前に車内では迷子対策なのかこの首からさげる札のようなものを配られます。

タイからカンボジアへ行くバスの札 タイからカンボジアへ行くバスの札の裏

そのあとは看板にしたがって進みます。一応途中まで先導がいて、あとは人の流れにしたがう、といった感じです。下の写真のような道順で進んでいきます。

タイとカンボジアの国境の案内板 タイとカンボジアの国境通路 タイとカンボジアの国境道路 カンボジアの国境

バスに乗った感想

ひとり一席与えられ、座席のスペースも十分にあり、空調もきいておりおおむね満足でした。

ただ、私は使っていないのですがどうやら車内についているトイレは流れなかったようなので、途中休憩でトイレに行くことをおすすめします。