アムステルダムのおすすめ観光スポットまとめ【アンネの家・アムステルダム国立美術館・ゴッホ美術館・飾り窓】

アムステルダムの街並みと運河




オランダの首都、アムステルダム。アムステルダムといえば4階建ての細長い建物や運河を想像する方、自由な町であるとのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際アムステルダムにはどのような見どころがあるのでしょうか?今回はアムステルダムのおすすめ観光スポットを紹介します。

※2018年2月時点の情報です




アムステルダムのおすすめ観光スポット①アンネの家

アンネの家

まず私がアムステルダムで一番おすすめしたいのがアンネの家です。私はアンネの日記がとても好きなのですが、そんな人にとっては涙なしでは見られない場所です。ちなみにアンネの日記は読んでいった方が何倍も印象に残ると思います。

アンネの日記 増補新訂版 (文春文庫) [ アンネ・フランク ]

created by Rinker

とくに印象に残っているのが父オットーのインタビュー映像、そして観覧最後のスペースにあるシアタールームで上映されていた映像作品です。

映像作品では、ホロコーストで犠牲になった人々の名前が刻まれた追悼碑があることに言及し、次のようなことを言った人がいました。

「アンネフランク(Anne Frank)の名前は今でも知られているが、そのとなりに刻まれている別のAnneのことはだれも知らない」

衝撃を受けました。たしかに、と思ったからです。同じように命を落としたのにもかかわらず。

ユダヤ人といえばアンネにスポットライトを当てがちですが、多くの犠牲者が出たことを忘れてはいけませんね。

アンネの家の料金・予約方法

入場料は

  • 大人(17歳以上):€10.5
  • 小人(10歳~17歳):€5.5
  • 小人(0歳~9歳):€0.5

となっています。

チケットの予約は公式サイトから行います。

公式サイト:https://www.annefrank.org/en/museum/tickets/

アンネの家の場所・アクセス

アンネの家はアムステルダムの中心部にあります。だいたいアムステルダム中央駅から徒歩20分ダム広場から徒歩10分です。

アムステルダムのおすすめ観光スポット②アムステルダム国立美術館

レンブラントの夜警

アムステルダム国立美術館は世界的にも人気のある美術館です。日本人に人気の高いレンブラントやフェルメールなどの作品も多くあります。

有名な作品としては

  • 夜警(レンブラント)
  • 牛乳を注ぐ女(フェルメール)
  • 小路(フェルメール)

などがあります。

フェルメールの牛乳を注ぐ女 フェルメールの小路

アムステルダム国立美術館についてよりくわしくはこれだけは見ておきたいアムステルダム国立美術館の必見おすすめ作品【ヨーロッパ美術館巡り③】にまとめてあります。

アムステルダムのおすすめ観光スポット③ゴッホ美術館

ゴッホが好きなら、ゴッホ美術館は絶対にはずせません。

館内作品は撮影禁止なので写真はありませんが、ゴッホの有名な作品が数多く展示されています。

アムステルダム国立美術館のすぐ近くのところにあるので、あわせて見るのもおすすめです。

アムステルダムのおすすめ観光スポット④I Amsterdam Sign

I Amsterdam Sign

I Amsterdam Signはアムステルダムの撮影スポットです。アムステルダム国立美術館の目の前にあり、いつも多くの観光客でにぎわっています。

アムステルダムのおすすめ観光スポット⑤飾り窓

オランダでは売春が合法です。そのようなことを仕事にしている人々にも納税の義務や社会保障があります。

「飾り窓」とは、遊女たちが自分たちをいわば作品として展示しているショーガラスのことですが、現在はそれらがある地域のことを総称しています。ちなみに彼女たちの写真撮影は厳禁です。

ほかにもいろいろ自由を感じる側面を感じることができます。そして女性一人の場合は夜はやめた方がいいでしょう笑