アメリカではマストな移動手段。UberとLyftの使い方




車社会のアメリカにおいてはなくてはならないもの、それがUberもしくはLyft

Uberの方は日本でもよく耳にするので、知っている方も多いかと思います。対してLyftはアメリカでしか展開していないので、知らない方が多いのではないでしょうか。

結論、UberもLyftも機能的には同一です。使い方も同じです。

強いて言うならどちらかが若干料金が安いので、場合に応じて使い分けることができるということです。

今回はそんなアメリカにおける移動でマストとなるUberとLyftの使い方について説明していきます。細かく解説しているサイトは他にもたくさんあるので、ここでは経験談をもとに、特徴や注意すべきところをメインに言っていけたらと思います。

初心者向けにわかりやすいなと思った記事はこちら↓

http://nikufumi.com/entry/uber_explain/




Uber・Lyftの基本的な使い方

UberやLyftは非常にかんたんに使うことができます。

1.アプリで希望する人数、車種などを選択する

代表的な車種は以下のようなものです。

Pool:一人や二人で利用する場合、ほかのお客さんと相乗りすることができます。Uber Xよりやすく済みます。

Uber X:もっとも一般的な一台貸し切り型のUberです。4人まで利用可能です。

Uber XL:5~6人で利用できる、やや大きめのUberです。

2.車が来るのを待つ

ドライバーと合流できるまで待ちます。できない場合は電話がかかってくる場合もあります。

以上です。とてもシンプルでかんたんに使えます。

初回乗車が無料になるUberのプロモーションコード:qmxc3u

https://www.uber.com/invite/qmxc3u

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Lyft

Lyft

Lyft, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber・Lyftを使用するメリット

  • どこにいてもスマホ一つで呼ぶことができる

アプリさえあれば、GPSで位置を把握されているので、面倒な手続きなく、ただ車を選択するだけで配車完了です。

ドライバーとメッセージのやり取りをする必要もありません。(たまにお互いを見つけられなかった場合電話がかかってきますが)

  • ぼったくられる心配がない

乗る前に価格が決定されており、アプリ内で決済が完了するため、ドライバーにぼったくられる心配がありません。

財布を出したりする必要がないので安全面でも優れています。

  • アプリ内で全て完結する

配車から決済まで全てがアプリ内で完結するので、非常に便利です。

また、難しい操作がないので、誰でもすぐに使えます。

  • 実はアメリカだけじゃなく世界中至る所で使える

・アメリカ、カナダ

・韓国、台湾、香港などの東アジア

・シンガポール、タイ、マレーシアなどの東南アジア

・オーストラリア、ニュージーランド

・ヨーロッパ諸国

など

詳しくは公式サイトから調べてもらえるとわかります。

東南アジアに関しては、GrabというライドシェアアプリがUberの役割を果たしています。

Grabについてくわしくは「タイ(バンコク)でのGrabの使い方とレビューまとめ【東南アジア版Uber】」に書いています。

Uber・Lyftの注意点

  • 評価は4.7以上の人にしよう

人によって基準はさまざまですが、低評価の人が現れたらキャンセルしたほうがよいでしょう。

アメリカ人の友達でも4.7くらいだと言っていたような気がします。

  • まれにGPSの不具合が生じる

GPSがうまく機能せず、自分の現在地がずれてしまい、車がそのずれた場所に行ってしまうことがあります。

その場合は自分がその示されている現在地の場所まで行くか、もしくはドライバーからかかってくる電話に出て、正しい現在地を伝えましょう。

私の経験ではそこまで大きな誤差は起こったことはなく、せいぜい道路の反対側など、そのレベルであることが多いです。

  • 中心部をかなり離れたところでは走っていないことも多い

たとえばグランドキャニオンに行こうとした場合、そのエリアもUberで移動しようとするのはやめた方がいいです。おそらく車がいません。

  • 長距離移動には向かない

ドライバーは基本的にその地域の人なので、さすがにロサンゼルスからニューヨークまで送ってくれるとは思えません。長距離移動はバスや鉄道、飛行機を活用しましょう。

Uber・Lyftまとめ

こんなにも簡単に使用することができるため、金銭感覚などが麻痺しがちですが、使いすぎには注意しましょう笑

しかしながら公共交通機関が発達していない地域では非常に効力を発揮します。上手に使って快適な移動生活を送ってください。