ニューヨークの自由の女神の行き方・チケットの買い方・注意事項まとめ【バッテリーパークから船】

自由の女神




ニューヨーク観光の定番である自由の女神。知らない人はいないといってもよいような、アメリカのシンボル的存在です。ニューヨークに行ったらぜひ行ってみてほしい場所のひとつです。

今回はそんな自由の女神の行き方とチケットの買い方、そして注意事項をまとめていきます。

※2018年8月時点の情報です

ニューヨーク観光まとめ記事はこちら:ニューヨークのおすすめ観光スポットとホテルまとめ【自由の女神・タイムズスクエア・MoMAなど】




自由の女神の行き方

自由の女神

自由の女神はマンハッタンの最南端であるバッテリーパークから船に乗ったところにある、リバティ島にあります。

自由の女神の台座の中は博物館になっており、王冠は展望台になっています。ただしこの王冠内の展望台は大人気のため、かなり前から予約しておく必要があります。

リバティ等に行く船は下の写真のような船です。

自由の女神のあるリバティ島に行く船

これに乗って自由の女神があるリバティ島に向かいます。

リバティ島への船が出るバッテリーパークの場所と行き方

バッテリーパークには地下鉄1号線のダウンタウン行きの終点であるSouth Ferry駅で降車し、5分ほど歩けば到着します。

リバティ島行きの船の乗車時間

バッテリーパークから自由の女神のあるリバティ島に行く船の乗車時間は約20分です。

乗船中には自由の女神とマンハッタンのビル群のコラボを見ることもできます。

自由の女神とマンハッタン

自由の女神のチケットの種類・料金・購入方法

リバティ島から見るマンハッタン

ここでは自由の女神のチケットの購入方法を紹介します。個人の自己手配で行く場合のことを想定して書いています。

ガイド付きツアーに参加したい方におすすめのツアー:ニューヨーク自由の女神観光ツアー リバティー島上陸+自由の女神の台座展望台入場 移民の島エリス島の上陸付き<半日/英語ガイド>

チケットの種類と料金

自由の女神のチケットは3種類あります。

  • Reserve Ticket リバティ島上陸のみ:大人$18.50 シニア:$14 子供:$9
  • Pedestal Reserve Ticket リバティ島上陸+台座(博物館):大人$18.50 シニア:$14 子供:$9
  • Crown Reserve Ticket リバティ島上陸+台座+王冠(展望台):大人$21.50 シニア:$17 子供:$12

この中で一番下の王冠つきのチケットはインターネットで事前に予約していないと入れない可能性がきわめて高いです。

インターネットで購入

事前に行く日程が決まっているならば、先にインターネットでチケットを購入しておくと安心です。

特に台座部分と王冠部分に行きたいならばインターネットで事前購入がマストとなります。

公式サイト:https://www.statuecruises.com/statue-liberty-and-ellis-island-tickets/#/

現地(バッテリーパーク)で購入

リバティ島上陸のみでよいのであれば、当日バッテリーパークのチケット売場でチケットを購入するのもよいかと思います。

ただし混雑時にはならぶ可能性があります。

自由の女神における注意事項

実際に私が自由の女神を観光して注意すべきだと感じた点を述べていきます。結論から言うと以下の3つです。

  • チケット買わないかと声をかけてくる人はぼったくりツアーの可能性がある
  • 時期によっては大混雑する
  • 船に乗る前に荷物検査がある

チケット購入しないかと声をかけてくる人はぼったくりの可能性大

バッテリーパークを歩いていると、公式ツアーのようなふるまいで声をかけてくる人がいます。しかも何組もいます。

チケット売場を案内してくれた本当にスタッフのような人もいましたが、それでも自由の女神の公式サイトに載っていないツアーの紹介をしてきたので、不必要にお金を払ってしまう可能性があります。

したがってチケット購入やツアー案内の話を持ちかけられたら、断りましょう。悪質な人はいない印象だったので、普通に「ありがとう、でも今回は大丈夫」というように断ればよいでしょう。

時期によっては大混雑する

土日の昼間や夏休みの期間などは混雑を覚悟した方がよいでしょう。

とはいっても私は8月の終わりの方に行き、30分ほど待っただけでしたが笑

しかし日によっては数時間待つこともあるようなので、事前にチケットを購入するなどの工夫をしておくとよいでしょう。

船に乗る前に荷物検査がある

自由の女神に行く船に乗る前に荷物検査があります。大荷物では来ないことをおすすめします。

オマケ:リバティ島のレモネードが超おいしい

自由の女神とレモネード

私が行った2018年8月の某日は35度くらいの気温でした。ニューヨークは寒いイメージがあったのに、ヒートアイランド現象のせいで東京より暑かった気がします。

そんなときにリバティ島に上の写真のようなレモネードが売っていました。見るからにおいしそうだったことに加え、みんな飲んでいたので案の定つられて買ってしまいました笑

5ドルとけっこういい値段がしますが、とてつもなくおいしかったので夏場に行く人はぜひ飲んでみてください笑