パリの美術館をお得にまわれるパリミュージアムパスの使い方【20ユーロくらい安くなる】

パリ・ミュージアム・パス




美術館やヴェルサイユ宮殿、凱旋門など観光スポットが多いパリですが、たくさんまわろうとするとその分入場料もかかってきます。

そんなときの強い味方がパリミュージアムパスというチケットです。

これがあればかなりお得にパリの観光スポットをまわることができます。

そこでこの記事ではパリミュージアムパスの購入方法や購入場所、使い方についてくわしく説明していきます。




パリミュージアムパスとは?

パリ・ミュージアム・パス

パリミュージアムパスとは、パリの美術館をはじめとするパリ内の主要観光スポット約60か所に入場できるチケットです。

ほとんどの施設にパリミュージアムパス専用の入口があるため、長時間ならぶ必要がなく、待ち時間の節約にも有効です。

パリミュージアムパスで入場できる施設一覧

ルーブル美術館のピラミッド

パリミュージアムパスに入場できる施設はつぎの通りです(一部抜粋)。

入場できる施設
  • ルーブル美術館
  • オルセー美術館
  • ポンピドゥーセンター/国立近代美術館
  • オランジュリー美術館
  • ピカソ美術館
  • ロダン美術館
  • ドラクロワ記念館
  • 凱旋門
  • パンテオン
  • コンシェルジュリー
  • サント・シャペル教会
  • 贖罪教会
  • 軍事博物館/ナポレオンの墓
  • ヴェルサイユ宮殿とトリアノン
  • サン・ドニ寺院
  • 航空宇宙博物館

ルーブル美術館やオルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿や凱旋門などの主要観光スポットを網羅しています。

パリミュージアムパスの購入方法・料金

ルーブル美術館のモナ・リザ

パリミュージアムパスは3種類の購入方法があります。

購入方法
  • ネット (KKday)で購入する
  • パリで購入する
  • 日本 (パリ・ミュージアム・パス ジャポン)で購入する

ネット(KKday経由)で購入する場合【最安値】

インターネットで予約するなら、KKdayという会社のサイトから予約するのが最安値です。

KKdayで購入する場合の料金
  • 2日間有効券:5,570円
  • 4日間有効券:7,195円

受け取り場所はつぎの4か所になります。

受け取り場所
  1. パリシティヴィジョン・エージェンシー(PARISCityVISION Agency)
    – 住所:2 rue des Pyramides 75001 Paris
  2. パリシティヴィジョン・ツアー・エッフェル・エージェンシー(PARISCityVISION Tour Eiffel Agency)
    – 住所:36 avenue de La Bourdonnais 75007 Paris
  3. パリシティヴィジョン・ノートルダム・エージェンシー(PARISCityVISION Notre-Dame Agency)
    – 住所: 7 rue Lagrange 75005 Paris
  4. パリシティヴィジョン・モンマルトル・エージェンシー(PARISCityVISION Montmartre Agency)
    – 住所:72 Boulevard de Rochechouart 75018 Paris

パリミュージアムパス本体を受け取るのはパリになってしまいますが、パリ現地で購入して受け取るよりも安く済むので、KKdayで購入するのが圧倒的におすすめです。

KKdayでパリミュージアムパスを予約したい方はこちら:【芸術の都を満喫】パリ・ミュージアム・パス(セーヌ川ガラスボートまたはビッグバス・ツアー選択可)

※KKdayについては「KKdayの評判・口コミ・レビュー・クーポン情報まとめ【海外現地オプショナルツアーが格安】」で説明しています。

パリで購入する場合

パリミュージアムパスをパリ現地で購入する場合、料金は以下のようになります。

パリで購入する場合の料金
  • 2日間有効券:48€
  • 4日間有効券:62€
  • 6日間有効券:74€

6日券を購入できるのはパリのみなので、もし6日券の購入を検討しているならば現地に行く必要があります。

日本の代理店で購入する場合(パリ・ミュージアム・パス ジャポン)

日本の代理店であるパリ・ミュージアム・パス・ジャポンで購入するとだいぶ割高になるため、あまりおすすめはしていませんが、日本でパリミュージアムパスを受け取ることができます。

パリで引き換える手間がはぶけるのがメリットです。

日本で購入する場合の料金
  • 2日間有効券:7,000円
  • 4日間有効券:8,900円

ただ、KKdayで購入するより2000円弱高くなるため、やっぱりKKdayを私はおすすめします。

パリミュージアムパスの使い方

オルセー美術館にあるゴッホの星月夜

パリミュージアムパスの使い方は非常にシンプルで、入場する施設でパスのバーコードを見せるだけです。

最初に入場した施設でバーコードを読み取られた時点で利用開始となり、そこから指定日数分つかうことができます。

パリミュージアムパスをつかった参考プラン

ゴッホの自画像

参考までに、パリミュージアムパスをつかったプランを提案します。

下に書いてある料金はパリミュージアムパスを使わない場合の通常入場料です。

参考プラン
  • ルーブル美術館:15€
  • オルセー美術館:12€
  • オランジュリー美術館:9€
  • 国立近代美術館/ポンピドゥーセンター:14€
  • ヴェルサイユ宮殿:20€
  • 凱旋門:12€
  • サントシャペル:10€
  • 合計:92€

上記の施設に対してパリミュージアムパスをつかったらどのくらいお得でしょうか。

これらすべてを2日でまわるのはなかなか厳しいとは思いますが、4日券62€、6日券74€なので、18€~30€もお得です。

パリに来たら最低限上記の観光スポットはまわるかと思うので、ほぼ確実にもとはとれるかと思います。

ただし一点だけ、エッフェル塔にはパリミュージアムパスでは入れないので注意してください。

パリミュージアムパスをおすすめしたい人

モネの睡蓮

パリミュージアムパスをおすすめしたい方は次のような方です。

パスをおすすめしたい方
  • 短期間で多くの施設を見たい方
  • 列に並ぶのを避けたい方
  • 夏などの混雑するシーズンに行く方

まず、金額的にもとをとれないならばよほどハイシーズンでない限り買う必要はないかと思います。

また、オフシーズンの冬は比較的列の待ち時間は少ないかと思うので、混雑回避の目的のためには買う必要ないかと思います(多くの施設をまわるなら金額的にもとをとれるなら買うメリットはあります)

パリミュージアムパスまとめ

オランジュリー美術館のモネの睡蓮

パリミュージアムパスはパリの主要観光スポットをお得にまわりたい人には非常におすすめできるチケットです。

パリ観光をお得に楽しみたい方はぜひ利用を検討してみてください。